読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EADE is DEAD

冥銭持たずに門前払い

第75回桜花賞

追い切り

JRA公式の桜花賞CMサムネが瀧本美織に見えて思わずクリックしたアカウントはこちら。

桜花賞 ◎レッツゴードンキ ◯ココロノアイ

レッツゴードンキの前走は外枠からの距離ロス分だけ出し気味に行ったら掛かって逃げる形に。ハナに立つと折り合いは付いたとはいえ、結果として差し馬が上位を占める中でパタりと止まることなく3着に残ったのは地力の為せる業。本馬は早くから重賞で勝ち負けしているけれど、単純に早熟のアドバンテージを切り崩しながら徐々に下降線を描いているというよりは、毎回きっちり調教を積むことで利子を加えながら戦い抜いている感じ。この中間もその傾向に変わりなく厚みのある構成で、当週は併走馬の後ろで折り合いを付けつつ終いは並んで馬なりで12.3と坂路の重い馬場の影響を微塵も感じさせなかった。

チューリップ賞を制したココロノアイはレース後そのまま栗東入り。1週前はCWで長めからやって6F78.5を計時。デイリースポーツの採時ではラスト3F-2Fの合算区間を均等割するとラスト4F12.6-12.6-12.6-12.6。揃っているのは採時のあやだけど小気味良い持続ラップを刻めているのは高評価。当週も坂路で持続系の追い切りを消化。同ローテのレッツゴードンキと比較して本数は少ないけれどらしさは十分に出ている。ルージュバックは異質だと思いつつも、阪神マイルでしのぎを削ってきた両馬で。

馬連ワイド レッツゴードンキ-ココロノアイ

f:id:LeZele:20150411234414g:plain f:id:LeZele:20150411234421g:plain 勝負服アイコンをつくろう